米国民的ロック界アイドル(?)である、スティーブ・ペリーさんの「オー・シェリー」です。チューダー様式っぽい感じの結婚式のシーンで始まるPVが印象的でした。この頃、おつきあいのあった女性は、アメリカンロック好きで、この曲を2人でよく聴いたものです。

今から思うと、このPVの中に登場するスティーブさんと女優さんの演技に自分達のイメージを重ね合わせて、曲中に精神的ダイブをし、PVと一体化、同化していたのかもしれません。今から思うと、こっぱずかしくて思い出すだけでも顔から火を噴きそうですが、若者の勘違いということで許してください。

ちなみに、このときの女性とは、その後、30年もいっしょにいます。