7月4日土曜日は、Chicagoの名曲「Saturday In The Park/サタデイ・イン・ザ・パーク」の日ですね。ニューヨークでレコーディングしているときにセントラル・パークで見た光景に触発されてできた曲だそうです。この曲では、シカゴの「声の顔」ともいうべきピーター・セテラの歌ではなく、作詞・作曲者のロバート・ラムが歌ってます。

僕は、2分05秒あたりからの予想外の曲展開が大好きです。次に来るセカンドイントロの良さが強烈に引き立ちますよね。
そして、意外や意外、こんなアウトロもあるのかというクリフハンガーな余韻を残したエンディングも心に微妙な後味を残します。
訳詞の一部をご紹介しましょう。

土曜日の公園
7月4日
土曜日の公園
7月4日
踊っている人、笑っている人
アイスクリームを売っている人
イタリアの歌をうたっている人
(イタリア風な でたらめな歌詞)
ずっと土曜日をまっていた

Junichiro Yamasakiの「サタデイ・イン・ザ・パーク/Saturday In The Park」を@AppleMusicで聴こう。
AvailableOnAppleMusicLOGO