高校生のときベースを始めたばかりの頃、ブラジルのジャズキーボード奏者デオダートのアルバム「Deodato2」の3曲め「Skyscrapers」のベースラインには、ぶっとびました。とてもかっこいい。こういうベースを早く弾けるようになるたいと思ったものです。記憶が正しければ、このベースは、スタンリー・クラークが弾いていたと思います。
あれから40年以上経ちますが、このベースライン、未だにまともに弾けません。