80年代のダンス音楽は、洗練されたサウンド、最新技術による録音、新しい楽器影響でそれまでの70年代のディスコとは違ったもの違う。ダンス映画によって、ダンスが一般に受け入れられ、マイケル・ジャクソン超絶技巧ダンスやブレイクダンスなどの新しいダンス世代と繋がっていく。